岩石巌エコなっちの『どようしイケとる』
狼 DJ 岩石巌エコなっちが 13,700,000,000 年の中のたった一瞬、なっちと同じ時代に生まれた奇跡を天使に感謝するブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なーっち最高パパンパパンパン
なっちコンは今回もすごくよかったです。
相変わらずかわいかったし、心のこもった歌だったしね! なっち最高!! すばらしかったよなっち!!
バックバンドの皆様は今回、まあぼう(ベース)とあさみちゃん(打楽器)ととくたけさん(ギター)以外の人は入れ替えがあり、その人たちはその人たちでよかったです。
ドラムセットの人は体全体で小粋なリズムを繰り出してくるところが非常にすばらしかったです。
キーボードの人はいわゆる "お前ら" みたいなおっさんなのですが、半笑いでなかなかにいい感じの指さばきでした。

今回は同じ曲でも前とはまた違うアレンジだったり、今まで生バンドで聴いたことのない曲が原曲とは全く違うアレンジ聴けたりと、アレンジ面でも非常に楽しく、また参考になる演奏会でした。

なっちの歌声って本当に安定してますよねー。しかもかわいいし、のびもあり、あとこれは昔からですがつやがあるんですよね。つや。

それから今回は、opening act として、まのえりちゃんの lucky aura (?) みたいな曲が聴けました。歌もキーボードもへたくそでしたが、かわいくて思わず応援したくなる感じでした。それは、如何にもアイドルらしいことでやんですね。

あと、狼 DJ にガリバーという蓄膿症がいますが、そのガリバーさんとニアミスしました。
もっと直接的には、昼公演中にガリバーさんから「大阪に来てますかー」的なメールが来てて、終演後にちょっとだけ会えるかと思いましたが、ガリバーさんはまのちゃんの握手会の列に並び、僕はちょっとだけグッズを買うために列に並んだために、もう会える時間がなかった、とこういう寸法であります。

夜公演に参加できなかったのが残念ですが今後もまだまだ楽しみです。

スポンサーサイト
集え! 大阪へ! ヲタ戦士たちよ!
なっちなっちなっちなっちなっちなっちなっちなっちなっちなっちなっちなっち
acoustic なっち in 広島クラブクアトロ
待ちに待ったなっちコンに行ってきました。
またなっちの歌で泣いた。

なっちの歌に感動しまくり。なっちが歌うと歌詞が心にぎゅんぎゅん来ますので、歌詞を自分の状況に重ねたりして、泣いた。歌自体もいいし、演奏もいいし、なによりなっちの歌が本当にすばらしい。

なっちが僕のこと見まくり。しょっぱなからずっと僕の方を見てくれまくりでした。

自転車を買った話では、
(●´ー`)「自転車ってエコでしょ!? サミットも始まったし!」
ぼくたち「もう終わったよ」
(●´ー`)「ゲフンゲフン」
それってエコって言いたいだけじゃん!!! 岩石巌エコなっちである僕へのアピールじゃん!!!
んもーーなっちったら!!!

かにょんちゅわわわわわーーーん!! なんていいお子さんなの
トゥーランドット(542つぶ目) (かのんのいちごのツブログ)
かにょんちゅわわわわんは本当に真実を見極める目をお持ちですね!!!
若いのに大変すばらしいと思います。その調子で頑張って欲しいです。

ただ天使の羽は天使にしか生えないと思います。人間に生えるかどうかちょっとわかりません。聖闘士のように奇跡を起こさない限り無理だと思います。
木村和こと KAN 作詞作曲の『16 歳の恋なんて』とそのカップリング『私の恋人なのに』(安倍なつみ & 矢島舞美(℃-ute)) が秀逸すぎて幸せなのだ!!! Part 723
木村和こと KAN 作詞, 作曲, 編曲(編曲はもう一人いる)の
『16 歳の恋なんて』とそのカップリング『私の恋人なのに』(安倍なつみ & 矢島舞美(℃-ute))
(初回版(二人とも超かわいいブックレットつき))
(通常版)
を水曜日に生協で受け取ってきました。
はっきり言ってリピートしまくりですね。
秀逸すぎます。実にすばらしいですね。

僕は KAN のコンサートに行ったことがあるほどの KAN ヲタだということは既報の通りですが、KAN の才能をまざまざと見せつけられた作品です。それを含めて列挙していきましょうね。

年齢差を巧みに利用した作詞

26 歳のなっちと 16 歳の舞美ちゃんの年の差を実にうまく使っていますよね。
『16歳の恋なんて』では、 26 歳から見れば 16 歳の恋なんてただのおままごとであると言ったり、16歳から見て 26 歳はもっと誠実に純粋に恋に取り組むべき、あせることはないのに、というなんというかある意味典型的な対比を、実にいい言葉選びで見せつけてくれますよね。
一方、『私の恋人なのに』では、A 面でそこまで互いの恋愛事情の差を言っておきながら、実は二人とも、なかなかしゃべってくれたり会えなくて寂しい、相手がどう思っているのか気になる、私の恋人なのに・・・と、結局同じことを思っているのだという世代を超えた恋の共通性・普遍性を描いてきました。
これは、それぞれ独立した曲としても楽しめる上、2曲のとの対比で実に互いの表現や内容が生き生きとしてきて、より聴く人の心に染み込みますよね。
KAN の才能を余すところなく使って仕事をしてくれただなと痛感させられました。
KAN って男なのになんでこんな詩が書けるんでしょうね。

メロディ

『16歳の恋なんて』は KAN 独特の軽快なのに流れるようなメロディでとっても気持ちいいですよね。『私の恋人なのに』ではシンプルで、かつ心にじっくり染み渡ってきて。これまたまさに KAN の才能の賜物ですよね。
久々に KAN の歌を聴いてみたりしています。

声質を最大限に利用

なっちの声質は、つやがあり優しさがあり、とっても大好きなのですが、舞美ちゃんの声がなっちの声と実によく調和しますよねー。舞美ちゃんの声も優しい感じでかなりいいと思います。無理もしていない、しっかり自分の場所で歌っていますね。
この二人をくっつける発案者に感謝です。

オブリガード

編曲についてもとってもいいですが、ここでは特にオブリガードの美しさを挙げておきましょう。

事前投票

これは事前に一般人に 2 曲を視聴してもらい、どちらをシングルの A 面とするかの投票をしたという、ファンをプロデューサの一部に組み込むという面白い試みをされたシングルです。
結果、キャッチなメロディの『16歳の恋なんて』が A 面となり、『私の恋人なのに』が 2 曲目となりましたが、これは売る意味でとても良い結果だと思います。ちょっと聴いただけでいいと思えるものが A 面、買ってもらった後にじっくり聴かせるべき曲が 2 曲目に入っているという実にすばらしい結果ですよね。
ですよねー。

PV がアイディア賞

広島では放映されていない CM ではダンスショットが公開されていましたが、火曜の Yahoo! ライブトークで初公開されたプロモーデョンビデオは全く異なるものでした。
(まだご覧になっていない方はDohhhup! の 16 歳の恋なんて PV 視聴をご覧ください)
今までの PV と一線を画す、歌の中で描かれている二人の会話している状況をそのまま映像化したコンセプト重視作品ですね。それでいて二人のかわいさもきっちり入っているという細かさです。
大変すばらしいですね。シングル V も注文中ですが、発売が待ち遠しいです。


みんなも是非 CD を買って楽しみましょう!!!
© 2017 岩石巌エコなっち
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。